内科で検査を受けてみよう

進行すると外科受診も必要

カウンセリング

家族に糖尿病の人が居たり、肥満だったりする人は最寄りの内科を受診してみましょう。検査を受けることで糖尿病かどうか知ることができます。まずは自宅付近の内科で構いません。小岩に住んでいる人は小岩の個人内科でもいいので受診してみましょう。また、糖尿病は初期症状を見逃してしまうこともあります。やたらと喉が乾いたり、目が見えにくくなったりという症状が起きると糖尿病かもしれません。もちろん、暴飲暴食も良くありません。血糖値が常に上がった状態になってしまうからです。それから、やたらと甘いものを欲しがるようになるのも初期症状と言えます。これは血糖値が下がってしまったことで甘いものを欲しがってしまうのです。このように、少しでも気になる症状があれば、すぐにでも小岩の内科で検査を受けましょう。採血をはじめ、いろいろな検査を受けることで診断できます。また、会社の健康診断でも糖尿病かどうか判明することがあります。無理に小岩の内科を受診しなくてもいいので、この場合は会社を通してきちんと検査を受けましょう。例えば、糖尿病予備軍と言われることもあります。これは予備軍なので早期に治療を始めたり、予防を始めたりすることで進行を止めることができるはずです。予備軍と言われた人は、医師の指示に従って予防に取り組みましょう。また、糖尿病を放置していると合併症が起こりやすくなります。肝臓が悪くなったり、目が見えなくなったりすることもあるので危険です。

きちんとした治療

病院

小岩には非常に優れた糖尿病の病院があります。糖尿病は恐ろしい病気で、放置してしまうと大変な事になる可能性が高いです。小岩の病院では一人一人に適した治療を行います。医師やスタッフは糖尿病について知り尽くしているプロばかりです。ほんの僅かな変化も見逃しません。ですので、安心して治療を任せる事ができるという患者さんは多いです。患者の生活スタイルや病気の状態に合わせますので、無理な治療は決して行いません。小岩の糖尿病専門医を訪ねる人は、ひょっとしたら自分は糖尿病ではないかと思い、診察をして欲しい人や糖尿病と診断されていい病院を探している人、そして引っ越しをしていい専門医を探している人等様々です。診察の手順についてですが、まずは直接行く前に予約をしておく事で確実に診察をする事ができます。初診の人は当日に自分がこれまでどういう病気をしてきたか、飲酒や喫煙をしているか等これからの診察の為に様々な事を聞きます。その後、本格的に治療に取り掛かります。また、必要に応じて採血も行います。医師が丁寧に診察をした後で自分がどういう状態にあるのか、どういう治療をするのかしっかりと説明をします。もちろん分からない事や不安な事があればきちんと答えます。不明瞭な治療は一切行いません。糖尿病の治療は普段の生活を見直す事も欠かせません。小岩の病院ではどういう食事をすればいいのかを管理栄養士と看護師が丁寧に指導します。同時に無理のない運動療法も行います。

病気に罹患する確率が倍増

医者

中高年世代で増えてくる病気としては、糖尿病や脳血管疾患、心臓病などが挙げられます。こういった病気は加齢とともにリスクが高くなり、高齢者になるとさらに合併症の発生も懸念されます。事実、高齢者に多い認知症は、糖尿病との関係が深い病気の1つです。糖尿病の状態が続いている方は、早めにコントロールをすることが、後の認知症の発生を予防します。高齢者の健康管理に役立つ診療科を備えているのが、小岩の病院です。小岩の総合病院はもちろん、最近は個人の病院でも内科と他の診療科を併設している所があります。脳神経外科などが併設されていれば、糖尿病の治療と合わせて認知症のチェックも出来ます。小岩には複数の診療科を備えた総合病院もありますので、中高年世代は一度総合的なチェックを受けておくと安心です。糖尿病で恐れられているのは、実のところ様々な合併症です。血糖値の高い状態は、血液の質を低下させ、時に血管まで傷つけます。体の酸化を促進し、脳細胞にも悪い影響を与えてしまうのが糖尿病の状態です。認知症は、脳細胞がダメージを受けることが一因となるケースが多く、糖尿病の状態は確実に危険性を高めます。こうしたことから、そろそろ病気が気になりだした中高年世代の方は、血糖値や脳、心臓などを総合的にチェックしてもらえる病院で、しかるべき検査を受けるのがおすすめです。小岩にある幾つかの病院は、このような検査にうってつけの環境がそろっています。