血糖を下げることが重要

こんな人は要注意しよう

看護師

糖尿病の中でも、インスリンが作れなくなる1型糖尿病は、小児期に発症することが多く、原因もよくわかっていません。一方、糖尿病の大多数を占める2型糖尿病は生活習慣が大きな要因で、食事、運動、ストレスの対処などによって症状がよくなったり、悪くなったりします。これは小岩に限らずどこの地域でも同じですが、特に小岩駅の周辺は運動をするスペースがあまりないことから、運動不足気味の人が多く、糖尿病になる確率が高くなっています。可能ならばフィットネスクラブや公園、江戸川の土手などで適度な運動や散歩をして、体を動かしましょう。食事については、甘いものを食べる、炭水化物を多く摂る、間食をするなどの習慣がある人は血糖コントロールがしにくく、リスクが大きくなります。小岩にも甘いもの売っているお店はたくさんあるので、ついつい引き寄せられてしまうでしょうが、糖尿病の怖さを忘れてはいけません。食事に関して付け加えると、食べ過ぎて肥満気味の人も糖尿病にかかりやすいタイプです。肥満の人はインスリンの分泌は増えるものの、働きは弱まるのでスリムな人よりも危険度が高いのです。ストレスも糖尿病を引き起こす要因で、強いストレスがかかると、血糖を上げるホルモンが分泌されるとともに、インスリンの効き目が弱くなって糖尿病の症状が悪化します。ストレスの発散方法はいろいろありますが、小岩の場合は、運動やスポーツのほか、趣味を生かした活動ができるので、上手に気分を発散させてください。最後に年齢の問題です。一般的には45歳を超えるあたりから糖尿病になりやすくなるとされていますが、若い人でも生活習慣が乱れていれば、絶対に大丈夫だとは言えないので注意しましょう。

全身にあらわれる症状

病院内

糖尿病は様々な合併症が起こりやすい病気です。糖を代謝するためのインスリンがうまく分泌されなくなることで全身に合併症があらわれます。小岩エリアでは糖尿病の通院や入院による予防や治療を行う病院が数多くあります。検査をしたい方や治療を行いたい方に小岩はぴったりのエリアです。小岩での糖尿病治療を検討中の方に糖尿病によって起こる可能性の高い合併症についてご説明します。糖尿病が進むと視力の低下が起こり、失明に至ることもあります。これは糖尿病性網膜症で、初期症状のうちに血糖値をコントロールすれば治すことが出来ます。初期は白斑が眼底に出来て出血が起こります。その後、網膜が剥離するようになるので早いうちに治療をする事が肝心です。合併症状として起こりやすい病気に糖尿病腎症が挙げられます。腎臓の機能が低下すると血圧が上がり、むくむようになります。タンパク尿が検査で出るようになったら注意が必要です。症状が悪化した場合は人工透析が必要になります。他にも顔面神経麻痺やめまいなど全身に様々な症状が出やすくなるのが合併症の特徴です。合併症は糖尿病の治療と同じく血糖値をコントロールすることによって改善することが出来ます。糖尿病やそれにともなう合併症は早期に発見すれば治療することができるので、体に異変を感じたら放置しないで検査をする事が大事です。小岩エリアなどの病院で定期的に検査をする事で万が一の病気の発症を防いだり、早期に治療する事が出来ます。

先ずは病気を知ろう

相談

家族の方が糖尿病と診断された場合は、これから長い治療生活が始まりますので、いつも寄り添う家族のサポートが大切になります。先ず最初に家族として行っておくと良いのは、糖尿病に対して見識を深めることです。例えば小岩の病院に通う時でも、1人で通院させるのではなく、家族の誰かが付き添って行き、一緒に医師の話を聞いておきましょう。また、1日の総摂取カロリーをはじめ、食べた方が良い食材や控えた方が良い食材など、小岩の病院で栄養指導を受ける際は、普段台所を預かるご家族も参加して、一緒にレクチャーを受けておきます。糖尿病では食事療法が基本になりますので、できればご家族も同じメニューを食べるのが良案です。ただし育ち盛りのお子様や、運動量の多いお仕事に従事されている方にはカロリーが足りない傾向もあるため、その際は別途料理を付け加えるようにします。糖尿病は遺伝的要素が強いため、ご家族で発症したということは、ほかのご家族も発症するリスクがありますから、一緒のメニューを食べることは、予防的にも大きな意義があるのです。そして、糖尿病はストレスでも悪化しますので、悩み事などを聞いてあげることも大切なサポートになります。コミュニケーションを上手に取ることで、患者がふさぎ込まないように支えられるなど、疎略にできないサポートです。そのほか、もしも低血糖になった場合でも適切に対処できるよう、小岩の病院で対応方法を確認しておいてください。また、運動療法も家族の理解やサポートがありますと、一層高い効果を期待できますので、小岩の病院で指導された内容を一緒に行うと良いでしょう。