どうしてなるの

発病の原因とは

ナース

糖尿病の原因には、大きくわけて2種類あります。ひとつは肝臓のインスリンを分泌する機能が失われてしまう1型です。これは後述する2型よりも深刻で、機能が全く失われるために常にインスリン注射を行う必要があります。生活習慣とは関係なく発症します。子どもや若い人がかかる場合が多く、根本的な治療法はありません。目に見えてやせるなどの症状が現れます。常にインスリン注射を行って血糖値を上げないようにする必要があります。小岩でもこのタイプの方は相対的には少ないでしょう。これに対して2型の糖尿病というのは、症状が出にくいのが特徴です。糖尿病になりやすい体質を持った人が肥満や運動不足、ストレスなどの複合的な要因によってインスリンの分泌機能の低下を起こしているタイプの方で、小岩にもこちらの2型の方は多いはずです。2型の糖尿病の場合は、いくつかの治療法があります。血糖値が高くなりすぎている場合には、まずはインスリンの注射か経口投与が行われます。同時に行われるのが、運動と食事制限です。このセットは小岩の病院でも行われます。ある程度、血糖値の上昇度合いが収まってきたら、インスリンの投与量は徐々に下げて行かれます。2型の糖尿病の場合は、適度な運動と食事制限を続けていれば、ある程度普通の生活に戻ることが出来るのが特徴です。小岩でも運動や食事療法は可能な範囲です。食事療法では、食べ物を単位で数えてある単位数以内での摂取に制限するという仕組みで、家庭で取り組むのは大変でしたが、糖尿病専用の宅配弁当などが登場して、以前よりは対処しやすくなっています。

生活習慣を見直す

医者と看護師

昔の小岩では少なかった糖尿病患者が年々増え続けている理由は、食生活の欧米化や車の普及により歩く機会が減ったこと、過度のストレスを抱え込む人が増加している現代社会と無縁ではありません。過食や炭水化物・動物性脂肪の過剰摂取、朝ごはんを抜いたり遅い時間にドカ食いする乱れた食生活を送る、運動不足、心身のストレスなどは、血糖値を上昇させる要因となります。血液中のコレステロールや尿酸なども増加させて、糖尿病のみならず脂質異常症や高尿酸血症、高血圧などのリスクも高まります。血糖値が高めな小岩の人でも、まだ糖尿病予備群の段階なら、食生活の改善や適切な運動で、薬を飲まなくても血糖値を正常範囲まで下げ、糖尿病を予防することは十分可能です。2型糖尿病の場合、生活習慣を正しく改善することによって、発症リスクを約6割も減らすことができるという研究報告もあります。また、既に糖尿病にかかっていても小岩の医師の指導の元、食事療法や運動療法を継続することで、糖尿病の進行や合併症を予防することができます。食生活の改善といっても、アレもコレも食べてはいけないと我慢ばかりを強いられたり、毎日激しい運動をするのでは長続きしません。そうなると再び血糖値は上昇してしまいます。食事も運動も自分に合う方法を楽しみながら長期間続けることが大切です。早寝・早起きで生活のリズムを整え、自炊で血糖値を下げる効果のある食品を摂り、適度な運動を小岩の生活に取り入れましょう。

症状を把握しましょう

聴診器

糖尿病はとてもメジャーな病気で、誰もが一度は名前を聞いたことがあるでしょう。小岩は駅に近いところに糖尿病を治療できる病院があります。体調が悪い時、雨の日などの通院にはとても便利です。糖尿病には型があり、まずはどちらの糖尿病でどのような症状と向き合ってかなければならないのかを知って治療に挑む必要があります。1型糖尿病と呼ばれるものは膵臓の細胞に異常が起きてインスリンが作られなくなる症状が出ます。若年層や子供でも発症する可能性があります。2型糖尿病と呼ばれるものは大体中高年以降に見られるもので、インスリンの分泌がされにくくなったり働きが悪くなるのが主な症状です。糖尿病患者のほとんどがこちらの2型糖尿病だと言われていて肥満や運動不足、遺伝や加齢や生活習慣が関係してきます。自覚症状としては頻尿になる、いくら水分補給をしても喉が渇くなどの他に体重が減ったり疲れやすくもなります。このような症状に気付いたらすぐに受診しましょう。小岩は病院がたくさんあるので選択肢も多いです。できれば小岩の中でも糖尿病を専門に治療している病院を選ぶといいでしょう。糖尿病は定期的な通院を必要とすることが多く、小岩周辺に暮らしているのなら近くで探すのが最適です。生活を自分でしっかりと管理しなくてはならないのですぐに相談できる医師が近くにいると安心です。きちんと向き合えば必ず症状は改善されるので諦めずに治療に取り組んでいくことが大切です。