高血糖値のリスクと対策

血糖値が高いとどうなるか

中高年の方であれば、健康診断で血糖値の高さを指摘された方も少なからずいらっしゃるはずです。高カロリーな食事と慢性的な運動不足から、毎年のように指摘を受けている方も珍しくありません。こうなってしまうと診断結果に危機感を覚えなくなり、再検診にも行かず、生活習慣もそのままとなってしまいがちです。しかし高血糖値を放置しておくと、生活習慣病の中でも最もやっかいな糖尿病を患う結果へと繋がってしまいます。糖尿病の自覚症状は、尿の量が多くなる、疲れやすくなるなど、普段の体調変化と見分けの付きづらい、発見しにくいものばかりです。ですが症状が進むと血管がどんどん脆くなってゆくと共に、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などの深刻な合併症を引き起こしてしまいます。糖尿病およびその合併症は、一度発症すると長期に渡ってじわじわと苦しめられる、慢性的な病気ばかりです。このような状態に陥らないためにも、糖尿病の専門外来がある小岩の病院で診察される事をお勧めします。東京都江戸川区の小岩には、生活習慣病を専門的に扱っている医療施設が数多くあります。小岩の専門外来で診察すれば、専門医による糖尿病の検査を受けられますし、もし糖尿病が発覚してもそのまま治療へ移行する事が可能です。検査方法には、血糖値の測定を基本とし、尿糖値の測定、ブドウ糖負荷試験など、様々な種類があります。様々な方法で多面的な検査を行えば、糖尿病を発症しているかどうか、発症している場合はどのタイプであるか、発症していなくとも予備軍であるか、など詳細な身体状態を把握する事ができるのです。まさに小岩の専門病院ならではの精密な検査と言えます。

セルフチェックをしよう

小岩の一般内科などに行けば糖尿病であるかの検査をすることができます。しかし、糖尿病は自覚症状がほとんどないことでも知られている病気の一つです。そのため、自覚症状もないのに、わざわざ小岩の病院にまで出かけて検査を受けようと思う人も少ないでしょう。自覚症状がなくても病気が進行しているケースもあるのでセルフチェックをすることが大切です。セルフチェックでは、生活習慣や食生活がポイントになります。チェックポイントとしては、お酒やタバコが好き、脂っこい食事が好き、人と比べると食べるのが早い、運動不足を感じるなどがあります。また、家族に糖尿病を患ったことがあるという人も要注意です。この糖尿病では遺伝による影響もあると考えられています。そのため、血縁関係のある人に糖尿病になった人がいる場合には、この病気になりやすいことになります。体調の変化もチェックポイントになります。最近疲れやすくなった、食事をしているのによくお腹が減る、のどがよく渇く、目がかすむなどの症状があると要注意です。このように痛みを感じるなどの自覚症状はありませんが、糖尿病になるといくつかの特徴ある症状が出ることがあります。もしこれらのチェックポイントに心当たりがあるのであれば、定期的に小岩の内科で検査をすることをおすすめします。糖尿病は合併症を引き起こしやすいため早期発見が重要になる病気です。毎日元気に生活をするためにも、小岩の病院で糖尿病検査を受けましょう。

総合的なケア

病院内

現在、日本人の十人に一人が糖尿病患者であると言われています。そこで誕生したのが、糖尿病外来です。小岩には、この糖尿病外来のある病院が存在します。この外来では、検査やケアを含めて糖尿病を軸とした全身への治療を行っています。そもそも、糖尿病とは生活習慣が乱れた結果、すい臓の働きが弱まってしまってなる生活習慣病です。すい臓が弱まると、血糖値を調節する物質であるインスリンの分泌が弱まってしまい、血糖値を下げきることが出来なくなって、上がったままになります。そしてこの生活習慣とは、主に食事による栄養の偏りや、肥満、暴飲暴食といったことを指します。そして、この原因である食生活を変えることは、糖尿病を軽減する一番良い方法です。よって食事制限や食事管理が重要になってきます。小岩の病院の外来では、専門家が患者とよく相談して食事に関する決め事をします。これが、他の病院とは違った小岩の糖尿病外来の特徴です。通常病院は、検査やインスリンの処方が主な仕事で、食事管理などは自力でやるか別に栄養士に相談するものでした。しかし、小岩の外来は総合的なケアとして、食事管理のことも扱っているので、結果糖尿病が軽減されやすくなります。また、確かに糖尿病の症状を改善する方法は、それによるインスリンの減少を外部から投与することで調節力を上げることです。しかし、症状自体もケアしなければなりません。小岩の外来では、その大きな症状の、足に関する水虫や巻き爪などのケアもしています。